PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

丹後半島をぐるり その2☆京都府京丹後市

4月29日(祝、月)の旅行3日目のことです。

道の駅てんきてんき丹後で朝を迎えました。

朝の散歩に立岩まで行きます。
道の駅のすぐそばにあるのです。
立岩

道の駅にはこの辺りに古墳が沢山あるから壷のオブジェがありました。
立岩 (1)

この袋なあに?
立岩 (2)
近づいてみると
中身は海岸にたどり着いた木の枝などのゴミでした。

立岩です。
周囲1キロにも及ぶ巨大な立岩です。
立岩 (3)

とうちゃんとダッシュして立岩まで。
本当に豆粒のようなとうちゃんとショコラです。
立岩の大きさが分かってもらえました?
立岩 (4)

漂着していたボールを岩に投げると前足を岩にかけたのでした。
立岩 (5)

立岩の反対側はこんな感じ
立岩 (7)

散歩から帰って車でパンと缶コーヒーで朝ごはんです。






次の目的地は鳴砂の琴引浜です。
天然記念物にも指定されてます。
鳴砂の浜としては全国最大級で鳴きの良さもトップクラスのようです。

駐車場代が1000円なのでちょっと高いなと思ったのですが
せっかくなので行ってみることにしました。
琴引浜 (13)


琴引浜の中央部の太鼓浜と言われてる辺りを散策しました。
琴引浜 (10)


ガイドさんが砂の鳴らし方や色々な話をしてくれ
微小貝を採って記念に持って帰ってくださいとのこと。
必死になって探すとうちゃん。
琴引浜

琴引浜 (2)

同じく必死になって探すかあちゃん。
琴引浜 (7)

琴引浜 (1)

琴引浜 (4)

琴引浜 (5)

琴引浜 (6)

ウミウシがいるよ
琴引浜 (3)

ガイドさんが写真も撮ってくれます。
琴引浜 (9)

乾いた砂が鳴るのです。
きゅっきゅっと鳴ったよ。
琴引浜 (8)

露天風呂があるのですよ。
キャンプしてる方が水着で入浴中です。
手をつけてみるとお湯でした。
琴引浜 (11)

琴引浜 (12)


これが必死になって採った貝です。
この中に1ミリほどの微小貝もあります。
良い思い出になりました。
琴引浜 (14)





次の目的地は丹後ジャージー牧場 ミルク工房そらです。

ここはテラス席がわんこOKなのです。
ちょっとお昼には早いのですがちょっと小腹を満たすのに
ピザとジェラートを食べることに。
丹後ジャージー牧場

チーズのかかってないピザです。
やはりチーズがかかってないとピザって感じがしなかった。
丹後ジャージー牧場 (1)

ショコラにも大好きなアイスをお裾分けしました。
丹後ジャージー牧場 (2)

食後は牧場を散策です。

牛さん。
丹後ジャージー牧場 (3)

丹後ジャージー牧場 (4)

羊さん。
丹後ジャージー牧場 (5)

山羊さん。
丹後ジャージー牧場 (6)

この後は但馬(兵庫県)の玄武洞へ
続きは次回へ


にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ

にほんブログ村の黒柴ブログランキングに参加してます
スポンサーサイト

| 京都にお出かけ | 23:06 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT